49日は友引・仏滅でも大丈夫?数え方を49日の意味と一緒に解説

49日は葬儀や告別式の後に行われる法要です。49日は日程を決める時にもいくつかのルールが存在します。初めて49日を経験する場合、そのルールや意味を知らないケースが多いのではないでしょうか。今回は49日が行われる意味や、日程を立てるタイミングについてご紹介します。

\ 【2018年7月現在】 当サイトでお申し込みの多いお坊さん予約サービス   /
  • WEBから簡単に手配・予約ができる!お坊さん便
    全国一律費用が4万5千円です。お布施の費用がわからないといった悩みに答えてくれる便利なサービスです。

49日の数え方・日程の立て方

49日は法要の中の1つです。

一般的に故人が亡くなった日が「命日」となり、1日目と数えます。そこから、49日目にあたる日が49日です。

関西などの地方や宗派によっては、亡くなった日の前日を「1日目」として数える場合もあります。例えば4月1日が命日ならば、5月19日が49日になるでしょう。49日目が平日である際「土日にずらす」という人も多いようです。

仏滅や友引でも大丈夫

49日目に法要をすることはもちろん良いですが、前倒しで日程をずらしても問題ありません。葬儀や告別式のように、仏滅や友引などの六曜を気にする必要もありません。

後ろ倒しや3か月をまたぐのはよくない

しかし、49日目より後にすることは良くないとされています。49日より後に法要をすると、故人が来世へ行くことを迷ってしまうとされているからです。また、49日が3ヶ月をまたぐのも良くないと言われています。「始終苦(しじゅうく)労が身(み)につく」という言い伝えがあるからです。49日が3ヶ月をまたぐ場合には、早めに法要した方が良いでしょう。

49日の意味

仏教では死後7日ごとに7回、裁きを受けると言われています。中でも、7回目にあたる49日は「来世への行き先が決定する」という重要な日です。遺族はなるべく故人が極楽浄土へ迎えるよう、49日目に追善供養を行います。

故人の魂は家から離れて三途の川を渡りきり、冥土に向かうのです。この日までに法要を行わないと故人が家に留まり、行き先を迷ってしまうとされています。そのようなことから、49日は故人や遺族にとって大切な意味を持つのです。

49日前までは「忌中」と呼ばれ、遺族は結婚式や祝い事などへの参加を遠慮する必要があります。49日後からは「忌明け」となり、遺族は日常生活に戻ります。そのため「遺族や親族が故人に対して一区切りを付ける日」でもあるようです。

49日では住職に読経していただき、焼香をします。遺族や知人、親族などで会食をして弔い、必要であれば納骨も行う日です。葬儀や告別式に並び、規模の大きい法要となっています。

他の法要について

法要には忌日法要と年忌法要の2種類があります。

忌日法要

忌日法要とは49日やその前に6度行われる法要などを言います。49日の後に行われる100か日も、忌日法要です。100か日は「命日から100日目のこと」を指し、49日と一緒に行われることも多くなっています。初7日は「命日から7日目の法要のこと」です。

初7日は故人が三途の川に到着する日とされ、親族や遺族で法要を行います。

年忌法要

年忌法要とは年ごとに遺族や知人で行う法要のことです。

満1年目にあたる1周忌には49日と同規模程度の法要が行われます。3回忌以降は小規模でするケースが多いようです。7回忌から先はまとめて法要を行っても良いとされています。一般的に年忌法要は33回忌か50回忌で「弔い上げ」とし、法事が終了します。

仏教では100回忌まで存在しますが、100回目まで行うのは稀でしょう。33回忌では故人が修行を終えて、菩薩になると言われています。菩薩になると、故人は守り神になります。

まとめ

49日は葬儀や告別式に並んで、重要な意味を持つ法要です。

極楽浄土に向かう故人へ、最期の気持ちを届ける日でもあるでしょう。悔いの無いように、きちんとした日程調整が大切になります。49日だけでなく、他の法要にも細かな意味があるようです。「年忌法要をどの程度するのか」や、自身が行いたい法要について、事前に検討しておくと良いでしょう。