49日法要までの祭壇の飾り方や片付け方・位牌の処分の仕方をご紹介

家族の誰かが亡くなったときにはすぐに祭壇を用意する必要があります。祭壇には飾るものはいろいろなものがありますが、どうやって飾ったらいいか、供える花としてはどのような種類がおすすめなのかについて広く紹介していきます。

祭壇の片付け方や位牌の処分の仕方についても触れていきますので、ぜひ参考にしてください。

\ 【2018年7月現在】 当サイトで人気の遺品整理業者・紹介業者 /
  • 【1位】紹介 【みんなの遺品整理】
    遺品整理はトラブルも多数。遺品整理士認定協会と共同運営の【みんなの遺品整理】で比較しましょう。
  • 【2位】業者 【ライフリセット】
    最短即日対応!年間実績3000件以上!

祭壇とは?

家族を亡くしたときには、四十九日までにはきちんとやるべきことがいろいろとあります。その1つとして祭壇があります。仏教においては四十九日までの間は亡くなった人が仏様になるために修行をしている期間です。その修行の負担が軽減するように願いを込めて祭壇に供養をします。

49日までの祭壇は後飾り・中陰壇と呼ばれます。遺影、供物、花などを飾るのが基本で、仏式の場合なら祭壇の前に経机を置きます。キリスト教の場合なら十字架を設置したり、神式の場合なら神饌物や幣帛といったお供えものも置きます。

祭壇の飾り方

遺族は祭壇で何を飾ったらいいかわからないという人もいるかもしれませんが、用意するものは基本的には次のとおりです。遺影、白木位牌、遺骨、お供え物、香炉、燭台、線香立てです。遺影は上段の左側、遺骨は上段の右側に置きます。

祭壇は2段タイプと3段タイプの2種類がありますので、白木位牌は2段タイプなら上段、3段タイプなら中段の真ん中に置きます。香炉は下段の真ん中で、その両脇に燭台と線香立てを置きます。

それから、お供え物は2段タイプの場合は下段、3段タイプの場合は下段か中段の空いている場所です。お供え物としては、ご飯、水、花、菓子、茶などです。1日に1回くらいの頻度で朝に用意して朝食前には下げるのが基本です。

人によっては遺影を中段の真ん中に置いて、位牌と遺骨を上段に置いたりすることもあります。

祭壇の花

祭壇に供える花はカーネーション、菊、鉄砲ゆりを選ぶ人が多いです。祭壇に供えるからには長期間飾っても見た目が変わりにくい花がおすすめです。祭壇に飾ってしばらく経ってしおれたり、痛んだりすると、せっかくの花が台無しになってしまいます。

カーネーション、菊、鉄砲ゆりは長期間飾ったとしても痛みにくく問題ありません。花屋に行ったら祭壇用として5000円から10000円程度で販売されています。反対に祭壇に供えるのに向いていない花は毒のある花や匂いが強い花です。特に匂いが強い花は長期間飾ると部屋にその匂いがしみこんでしまいます。

飾り方に特に決まりはありませんので、自由に飾ってもかまいません。また、最近は痛みにくい花を選ぶ人は少なくなってきていて、自分が好きな花や故人が好きだった花を飾る傾向があります。

祭壇の片付け方

四十九日が終わったら当然ながら祭壇を片付けなければいけません。その片付け方は基本的には住んでいる地域のルールに基づいて行います。まずは分別作業をします。仏具、お供え物、花などをそれぞれ分別していきます。

仏具は紙で包装していき、まとめて紙袋に入れます。他人から何が入っているか見えないように注意しましょう。

家庭ごみとして出します。もし家庭ごみとして出すことに抵抗があるなら、葬儀屋に引き取ってもらうことも可能ですので、相談してみることをおすすめします。食べ物などのお供え物はそれぞれ処分しましょう。

祭壇を片付けた後は仮位牌を本位牌に変えます。祭壇を片付け終わったら仏壇を設置します。ただし、故人の意向によって散骨や樹木葬などをするつもりであれば仏壇は不要です。

位牌の処分の仕方

祭壇で用いられる仮位牌は白木位牌が使われることが多くて、仏教ではそこには故人の魂が込められていると考えられています。そのため、祭壇を片付けて、この白木位牌を本位牌に変える前には閉眼供養をします。

これは仮位牌に宿っている魂を抜くための作業でお坊さんがやります。そうして抜いた魂を本位牌に入れて開眼供養は終了します。この作業は「御霊移し」や「位牌開眼」とも呼ばれています。魂が抜けた白木位牌はもはや何も入っていない状態なので、そのまま処分します。

ただし、魂が入っていた入れ物なので、ごみとして捨てるべきではなく、お坊さんにお焚き上げの供養をしてもらうことをおすすめします。ちなみに、位牌を処分しない方法もあります。再び祭壇を用意する必要があるなら、それを保管しておくという方法もあります。

まとめ

ここまで祭壇のやり方について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。四十九日までに祭壇を用意するのが一般的ですが、いろいろと決まりがあります。

花は痛みにくいものを用意したり、飾り方にも一定のルールがあったり、位牌をどのように処分したらいいか則るべき規則がありますが、近年は柔軟に対応している家庭が多いです。