49日法要のお香典の書き方。浄土宗や真言宗、神式など宗教別にご紹介

葬儀など、冠婚葬祭の場では様々なマナーがあります。今回はその中でも四十九日の法要について香典の書き方をテーマに説明していきます。

香典の書き方は宗派によって異なるものがあり、また他の宗教にも近い風習があるため、それらを混同しないようにする事が大切です。

49日の基本的な考え方

49日は仏教における法要のひとつで、その中でも重要な位置づけにあるものです。人は亡くなってから7日周期で閻魔様から極楽浄土に行けるかどうかの裁きを受けます。そして49日目で最終的に極楽浄土へ行けるかどうかの裁きが下されます。

残された遺族は7日毎に法要を執り行い、故人が無事に極楽浄土へ行けるよう供養を行います。その中でも最終的な裁きが下される49日目は、最も重要な供養になり、厚く執り行われます。

仏教においては49日を忌明けとし、故人の魂が極楽浄土へ旅立ち、喪に服す期間が終了する日と考えられています。この日を境に故人は仏となり、供養の方法に変化が出ます。

その一つが香典の表書きの書き方です。一般的に仏教では、49日前までは香典に御霊前と記載し、49日後からは仏を意味する御仏前と記載します。仏教の宗派によっては、記載方法が異なるのですが、もしどうしても個人の宗派がわからない場合は一般的な考え方に則って書くと良いでしょう。

真言宗・曹洞宗

真言宗・曹洞宗での49日は、一般的な仏式の作法によって執り行われるため49日前までは御霊前49日からは御仏前と記載します。しかしながら忌明けのタイミングが49日当日なのか49日の法要後なのか意見が分かれる場合があります。

また現在の実情としてはより多くの方に49日の法要に参加していただきたいため、49日当日に法要が行われる場合が少なく、その前後の土日に行われる場合が多くあります。

その場合法要を執り行った当日が49日の前なのか後なのかという部分でも、厳密に考えるとどちらの表書きを使えば良いか判断に迷う場合があります。地域やお寺の考え方または法要を執り行うご家族の考え方によっても判断が分かれるところであり、表書きの書き方に迷った場合には「御香典」や「御供物料」と言った共通して使える表書きを使用すると良いでしょう。

浄土宗

浄土宗では「南無阿弥陀仏」と唱えると成仏できるという考えから、葬儀が全て執り行われた段階で故人は成仏し、一般的な仏教と違い葬儀終了時に故人は仏と扱われます。そのためお葬式までは御霊前、それ以降の法要に関しては御仏前を表書きとして書きます。

法要時にはすでに仏となっているため、一般的な仏教で考える、極楽浄土へ行けるかどうかという裁きという考え方がなくなります。

浄土宗での49日の法要はどちらかと言うと納骨などのその後の儀式のためであったり、残された遺族が気持ちを整理し故人と決別し、前向きに生きていくために執り行われるものという意味合いが強いものになっています。

一般的な仏教に比べ故人が仏とみなされるタイミングが明確で早いため浄土宗での49日の法要では、香典の表書きは御仏前と記載して問題ないでしょう。

神式・キリスト教・無宗教

49日の法要は仏教特有の考え方、儀式であるため、神式やキリスト教または無宗教には存在しません。しかし49日の法要に代わる儀式があり香典に近い風習が存在します。ここでは仏教以外の宗教での表書きについて説明します。

神道・神式では49日の代わりに五十日祭という儀式を執り行います。49日同様五十日祭も忌明けとして重要な霊祭として執り行われます。神道・神式での不祝儀袋の表書きは「御玉串料」「御供物料」と記載します。

キリスト教で49日の法要に近いものとしては1ヶ月目に行われる追悼ミサがあります。
その際に持参する不祝儀袋の表書きとしては「御花料」「お花料」「御供物料」などと記載します。

故人が無宗教の場合には形式的なものがあまりないため、不祝儀袋を持参する場合には色々な宗教で使うことができると言われている、「御霊前」や「御花料」といった表書きを記載すると良いでしょう。

薄墨を使う?

通夜や葬儀に持参する香典の表書きは、薄墨で書かなければならないとよく言われていますが、49日の法要の場合ではどうなのでしょうか。これは薄墨で書く理由を知ることで理解することができます。

通夜や葬儀で薄墨で書く理由というのは、突然の不幸で墨をしっかり磨る暇もなくあわてて書いて駆け付けたという、故人とご遺族に対する突然の悲しみへの配慮が元になっています。しっかりとした濃い墨で書けたということは、故人の死を予見していたり、待っていたりと、十分な準備を出来たということに繋がり、それだけで失礼にあたってしまいます。

これに対して49日の法要は、時間をかけて準備して良いものであり、このタイミングで忌明けとなり故人も成仏し仏となる儀式であるため、しっかりと濃い墨で書く方が良いと言えます。

まとめ

49日の法要での表書きの書き方を知るということは、単純にマナーということだけではなく、その宗派によってどのように故人が極楽浄土に導かれ成仏されるのかという過程を知ることにもつながります。

法要の意味を知れば故人を供養する気持ちにも一層深みが増します。マナーとは本来こうした相手を思いやる気持ちを形にしたものですから、その思いをしっかり伝えるためにも正しい知識を身に付けてみてください。