49日法要での香典の相場や渡し方・表書きについてのマナー

49日法要は遺族だけでなく、故人の友人や知人も参加する大きな法要になります。49日法要には香典を包んで参列する必要がありますが、香典の相場や、香典を渡すときのマナーで悩む方もかなりいるようです。「香典は気持ち」と言っても、やはり最低限のマナーは守りたいものです。

49日法要の香典で失敗しないために、49日法要の香典の金額の相場や、必要なマナーについてご紹介します。

 法要の香典の相場

49日法要の香典にいくら包めばいいか迷っている方もいるかと思います。香典の相場は、参列者の年齢や故人との関係によって異なってきます。故人との立場が近いほど、また年齢が高いほど香典を多く包む傾向になります。まずは、故人の友人・知人の香典の相場を説明します。故人と血縁関係がある場合の香典の相場はのちほど説明します。

友人・知人として法要に参加する場合は、香典の金額は5千円から1万円が相場になります。夫婦で参列する場合は、封筒に二人分の香典を包んでください。また子供も連れて参列するならば、子供一人につき2千円から5千円程度を香典に加えるようにします。

49日法要に会食があるのであれば、香典にもう1万円程度加えるようにします。会食があるかどうかは法要の案内状で確認しましょう。

香典の相場を立場別に紹介

49日法要で親族として香典を包む場合は、年齢、故人との続柄によって相場が変わってきます。相場の一覧を年齢別にまとめました。左側は自分からみた故人の続柄、右側は香典の相場です。

参列者が20代の場合

  • 親(父・母・義父・義母):1万円~5万円
  • 祖父・祖母:3千円~1万円
  • 兄弟・姉妹:1万円~3万円
  • 叔父・叔母:3千円~1万円
  • その他の親戚・親族:3千円~1万円

参列者が30代の場合

  • 親(父・母・義父・義母):1万円~5万円
  • 祖父・祖母:3千円~3万円
  • 兄弟・姉妹:1万円~3万円
  • おじ・おば:5千円~2万円
  • その他の親戚・親族:5千円~1万円

参列者が40代の場合

  • 親(父・母・義父・義母):1万円~10万円
  • 祖父・祖母:3千円~3万円
  • 兄弟・姉妹:1万円~5万円
  • おじ・おば:5千円~3万円
  • その他の親戚・親族:5千円~1万円
  • 結婚し世帯が別の子供→5万円~10万円

香典を渡すときのマナー

香典は不祝儀なので、49日法要のときも新札を包むことは避けましょう。新札しかないときは、縦に折り目を入れてから封筒に入れるようにします。

ただ、くしゃくしゃのお札や、あまりに汚れたお札を包むことも避けるべきです。個人への敬意を欠くことになります。使用感はありながらも、汚れたり破れたりしていないお札を包むのがよいでしょう。

お札は肖像の面が封筒の表に向くようにして、肖像の方から封筒に入れるようにします。

そして香典は、袱紗に包んで持っていきます。一般的に、法要の香典は、遺族の目の前で袱紗から取り出して渡すのがマナーになっています。袱紗は法要にふさわしく、落ち着いた色合いのものにしましょう。法要が始まる前に遺族の方に手渡します。遺族に挨拶をするときは、「本日はお招きいただき、恐れ入ります」といいましょう。法要では「ありがとう」という言葉は避けるべき言葉となっています。

香典の表書きや封筒についてのマナー

香典を包む封筒にもマナーがあります。49日法要のような弔事では封筒は不祝儀袋を使います。不祝儀袋は、黒白、または銀色の結び切りの水引のついたものを使います。

不祝儀袋には、水引が封筒に印刷されたものと水引がついているものがあります。金額に応じて使い分けましょう。だいたい5千円なら印刷されたもの、1万円以上なら水引がついたものを使います。

不祝儀袋の表書きは、封筒の上側に「御香典」、「御香料」、「御供物料」といった言葉を書きます。下側には自分の氏名を書きます。

家族で法要に参列する場合は、世帯主の名前だけを書くようにしてください。文字は「薄墨」の筆ペンで書くのがいいでしょう。薄墨には、涙で墨も薄まるという意味があるので、香典の表書きに適しています。

まとめ

香典は故人との関係や、自分の年齢によって相場が細かく変わってきます。それに不祝儀袋にお金を包むときのマナー、遺族に渡すときのマナー、表書きの書き方など、いろいろな決まりごとがあります。

49日の法要は忌明けの大切な法要なので、故人への敬意を示すためにも、しっかりと準備をしておきましょう。