49日のお布施について。相場、表書きや渡し方をご紹介します

仏教では亡くなった人の魂が、死後49日後に仏の元へ向かうとされているため、その日に僧侶を招き、無事に仏の下にたどり着けるよう法要を行います。一部の地域では葬儀の後に繰り上げて行いますが、多くの地域では49日に特別な法要を行います。その時、僧侶に渡すお布施はどれくらいが相場なのか、渡し方や包む袋はどうしたらいいのか、事前に確認して手渡しましょう。

\ 【2018年7月現在】 当サイトでお申し込みの多いお坊さん予約サービス   /
  • WEBから簡単に手配・予約ができる!お坊さん便
    全国一律費用が4万5千円です。お布施の費用がわからないといった悩みに答えてくれる便利なサービスです。

49日のお布施の相場はいくら?

49日法要で渡すお布施の全国的な相場は3万から5万円ですが、住んでいる地域によって違うため、地域の相場を理解して渡しましょう。法要後の会食に僧侶が同席する場合はお布施のほかに、平均5千円から1万円前後のお車代を渡すだけです。

ただし、僧侶が会食を辞退した時には、お布施・お車代・お膳料の用意が必要となります。お膳料は5千円から1万円が平均とされています。

そのため、トータルで4万から8万前後が、49日法要の僧侶に包む費用となります。寺との付き合いの深さ、施主の収入・故人の戒名の格によってある程度決まりますが、施主が世間的にどんな立場なのかによっても異なるでしょう。

北海道や九州では宗派によって異なりますが比較的低価格、東京・大阪を中心とした都市圏は比較的高くなっています。1周忌もほぼ同様の金額で、3回忌以降は1万から5万と、多少金額が安くなるのが特徴です。

お布施の渡し方

お布施は封筒に入れて渡しますが、直接手で持って渡さないようにしましょう。また、畳の上や床の上において渡すことも、大変失礼な行為です。渡す時には封筒をお盆の上に載せ、お盆を差し出して受け取ってもらう方法が一般的です。

表書きを相手が正面から読めるように置き、お礼の口上を述べながらお盆を差し出すのがマナーです。

いつ渡すのかそれほど厳格に決まっていませんが、主なタイミングは法要の前か、法要の後、僧侶が帰る直前が良いでしょう。

法要終了後に僧侶がすぐ帰るなど、あまり時間がないとわかっている場合は葬儀が始まる前、僧侶に挨拶する時に渡してください。僧侶が会食に出席した場合には、会食が終わってから渡しましょう。この方法は49日だからではなく、葬儀や一周忌などの法要でも守りたいマナーです。

お布施の表書きの書き方

市販の封筒には「お布施」と表書きが既に書かれている物があるため、活用してください。文房具店やホームセンターで販売されているので、用意しておくと便利です。自分たちで書いて渡す場合には、どの宗派でも共通して使える「御礼」がいいでしょう。

書く場合には薄墨を使って書くと失礼に当たる為、注意してください。僧侶を通じて仏様に捧げる物なので、薄墨を使う必要はありません。一般的な墨の入った筆ペンを使って丁寧に書いてください。

仏教であれば全般的に「お布施」で問題ありませんが、一部の宗派の場合、「御読経料」や、「御回向料」となるため、気になる場合は宗派を確認して書きましょう。なお、どの宗派でも共通ですが、お布施が入った封筒の裏には何も書かず、僧侶に渡してください。ただし、中袋に金額を書く欄がある場合は、旧字体を使って書きましょう。

お布施の封筒・袋はどう扱えばいいの?

お布施をむき出しで渡すのではなく、必ず何かに包んで渡してください。包む物については、一部の宗派を除き大きく2つに分かれています。奉書紙にお布施を包んで渡す方法と、白い封筒にお布施を入れて渡す方法です。

奉書紙の場合、半紙でお札を包んで中包みとし、更にその上から奉書紙を使って包む方法が一般的です。中袋のついた奉書紙の場合、和紙や半紙ではなく、中袋を使ってください。

お布施は不祝儀ではなく、仏様への捧げ物である為、慶事の折り方で折って渡します。ホームセンターでは既に折ってある物もあるため、購入しておくと折る手間が省けて便利です。

奉書紙が用意できない場合には白い市販の封筒で問題ありませんが、郵便番号が印刷されている物は避けてください。表書きに「お布施」と入っている封筒があればそちらを使いましょう。

お布施をむき出しのまま入れるより、中袋に入れる方が丁寧なため、中袋も忘れないようにしましょう。なお、中袋がなく、封筒が二重になっている物は縁起が悪いといわれるため、避けてください。

浄土真宗のお布施は?

浄土真宗の場合、49日にお布施を支払う場合の金額は、他の宗派と変わりません。基本的には3万から5万程度で問題ないといわれています。

ただし、他の宗派にないやり方となるのが、お布施を包む時、黒白・黄白の水引が入った金封を使うことです。ない場合は他の宗派と同様、白無地の封筒で問題ありません。なお、黄白は関西を中心とした西日本の風習で、東日本では黒白だといいますが、基本的に黒白で問題ないでしょう。

表書きは水引の上に「49日法要お布施」と書き、下に施主のフルネームを書いてください。自宅や会場を借りて法要を行う場合、お車代も必要です。この場合、水引の上に「お車代」と書いた封筒を用意してください。

自分で書くのが苦手な場合、ホームセンターで「お布施」・「お車代」と書かれた封筒が売っている為、利用しましょう。ただし、お寺を借りて行う場合には場所代が必要となるため、「御灯明料」「御明料」となる場合もあります。渡すタイミングは法要前・法要後どちらでもかまいません。ただし、失礼にならないように、手渡しではなくお盆か袱紗の上にのせて渡すことを忘れないでください。

まとめ

宗派によって49日の法要は異なるため、お布施の渡し方や渡す方法について迷う人も少なくありません。宗派ごとの書き方や、会場によって渡すお布施の封筒の書き方も異なるため、事前に確認してから渡しましょう。文房具店やホームセンターで、既に「お布施」と書かれた奉書紙や封筒を用意しておくこと安心です。