49日の時の挨拶について。当日の挨拶や挨拶状のマナーを解説します

葬儀を行った後も法要といい、故人を供養するための儀式を行います。49日の法要はその一つで、葬儀後に親族一同が集まる最初の法要です。

亡くなってから49日目は忌明けと言われていて、喪に服す期間が明けるのですが、この際に49日の法要を行うことが一般的です。今回は、49日の際に挨拶が必要な場面はいつか、挨拶状の書き方や挨拶内容などについて詳しく解説します。

\ 【2018年7月現在】 当サイトでお申し込みの多い香典返しサービス   /
  • 【1位】おこころざし.com
    圧倒的な商品量!カタログギフトが100種類以上!挨拶状・のし掛け・送料を無料提供
  • 【2位】ソムリエ@ギフト
    オーガニックなものならここが一番!タオルやドレッシングなど自然味豊かなラインナップ
  • 【3位】お返しナビ
    創業1953年の老舗。無料相談受付中

49日で挨拶が必要な場面

49日当日の挨拶

まず、49日の法要を行う場合の挨拶です。

開始の挨拶

法要を始める前には喪主から挨拶をする必要があるでしょう。長く挨拶をする必要はなく、簡単なもので構いません。

中締めの挨拶

法要が終わったら、中締めの挨拶をします。この場合も、集まってもらったことのお礼といった簡単なものでいいでしょう。

会食の席での挨拶

次に、法要の後に会食を行う場合の挨拶です。基本的には法要後は自宅、またはホテルなどの会場に移動して会食をする場合が多いです。食事を始める前に、喪主からの挨拶をするのが通例ですから、挨拶の言葉を考えておく必要があるでしょう。

挨拶状

また、香典返しを贈る場合には挨拶状を添えるのが一般的です。香典返しは49日のあとに贈るのが基本ですが、品物だけを贈るのではなくお礼状や挨拶状を添えるのがマナーになっています。長く書く必要はありませんし、定型文のようなものもありますから参考にしてみるといいでしょう。

49日での挨拶状

挨拶状を送るタイミング

49日での挨拶状を送るタイミングとしては、忌明けした後となっていますから49日法要が終わった後から一か月以内がいいとされています。法要が終わったら準備をしてできるだけ早めに送りましょう。挨拶状と一緒に香典返しを送るというのが、一般的ですので香典返しの品物に沿えて送ってください。

挨拶状の内容

挨拶状に書く内容は、大きく分けて4つあります。

1.参列していただいたことに対するお礼

内容はまずは葬儀などに参加してもらったお礼を書くのがマナーです。忙しい中参列して頂いた感謝の気持ちをしっかりと伝えるようにしましょう。

2.法要の開催報告

その後の〇月〇日に無事に49日の法要が終了したということを伝えます。

3.香典返しを贈ったことの報告

心ばかりですがというような前置きをして香典返しの品物を贈ったというようなことを書きます。

4.書面での挨拶になったことのお詫び

本来なら直接挨拶に行くべきところを書中で失礼しますといったお詫びを書いて締めましょう。最後に日付と喪主の名前、親族一同と書くのを忘れないようにしてください。

このように、49日での挨拶状では、葬儀へ参列してもらったお礼と法要が終了したことを伝えるのがメインになっています。インターネット上にテンプレートがありますから、参考にしながら書くと間違えがないでしょう。

以下は参考までに、香典返しのオンラインショップ ハーモニックのサイトで公開されている挨拶状の例文です。

謹啓
先般 (続柄)(俗名) 葬儀に際しましてはご多用の中にもかかわらずご会葬を賜り
かつご丁重なるご厚志を賜り誠に有難く厚く御礼申し上げます
おかげをもちまして○月○日に四十九日の法要を滞り無く相営みました
つきましては供養のしるしまでに心ばかりの品をお届け致しましたので何卒ご受納くださいますようお願い申し上げます
本来であれば拝眉の上御礼申し上げるべきとは存じますが 失礼ながら書中を持ってご挨拶申し上げます
敬白

平成○○年○月○日

喪主 ○○○○○
親族一同

49日の挨拶状の袋は

49日の挨拶状を送る場合には封筒選びにも気を付ける必要があります。
基本的に、法要などの弔事の際に使う封筒は二重封筒を避けるのがマナーです。

二重封筒は不幸が重なるとされていて、縁起が悪いと言われていますので、二重封筒ではなく一重の封筒を使用するようにしましょう。

封筒の色や柄

封筒の色や柄についてですが、これは白無地を使うのが一般的です。弔事の挨拶状ですから、柄のある派手なものは相応しくありません。ですので、白無地を使うのがもっとも無難でしょう。挨拶状を送る場合には、カードタイプやはがきタイプなどもありますが、これらも白無地の封筒に入れるのが一般的です。

入手できる場所

挨拶状の便せんや封筒をどこで手に入れればいいのかというと、インターネット通販などでも手に入りますし、引き出物や香典返しを手配してもらう店で用意してもらうといった方法もあります。

また、郵便局でも法要の挨拶状を封筒付きで取り扱っていますので、近くの郵便局に聞いてみるといいでしょう。郵便局では、文面を印刷してもらえるので多くの人に挨拶状を送る場合には便利です。

49日の挨拶状は薄墨で書くのか

弔事の際の挨拶状では、「悲しみの涙によって墨が薄まってしまった」というような意味合いから、薄墨を使うのが一般的だとされています。しかし、忌明け後の挨拶状では必ずしも薄墨を使わなければいけないわけではありません。

忌明けをして故人が亡くなってからある程度時間が経っているという場合には、「悲しみの気持ちも落ち着いて、穏やかに暮らしています」という気持ちを表して相手方を安心させるために、薄墨を使わないという場合もあるのです。

ただし、地域によっては弔事の場合には薄墨で書くというような決まりがあることもありますので、その地域の習わしに従うようにするのがベストです。

また、挨拶状を書く場合には句読点を使わないことがマナーとなっています。「、」「。」をいつもの文章の癖で書かないように気を付けましょう。忌み言葉などもありますから、それらにも気を付ける必要があります。

便せん一枚に収まるように書くことも重要です。封筒と同じように二枚になってしまうと不幸が重なるというイメージになってしまいますから、一枚の紙に収まるように書きましょう。

49日の食事の時の挨拶は

49日法要の後に会食を行うのが一般的ですが、この際にも喪主による挨拶をすることになります。どのような挨拶をしたらいいのかわからないという人も多いでしょうが、会食前の挨拶は短く簡素なもので構いませんので、あまり考えすぎる必要はないでしょう。

挨拶の内容としてはまず、法要に参列して頂いたことへの感謝を述べることから始めます。「本日はご多忙の中お集まり頂き、誠にありがとうございました」というような簡単な感謝の言葉でいいでしょう。その後に、近況報告や葬儀の感謝などを伝えます。

「葬儀の際には、皆々様には一方ならぬお世話を賜りましたこと、改めて感謝申し上げます。本日、無事に49日法要を執り行うことができ、亡き○○も安心したことと思います」といった内容が一般的です。

その後は、「これからもご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします」というように続けてください。最後に、「ささやかではございますが、食事と飲み物をご用意しましたのでお時間の許す限りゆっくりとお過ごしください。本日は誠にありがとうございました」といった形で締めます。

参列者の場合 49日での遺族への挨拶は

基本的には、招かれたことへの感謝、お悔やみの言葉、お供え物などを渡すときの挨拶、法要が終わった後の挨拶、この4つさえ押さえておけば大丈夫です。

49日法要に招かれた場合の挨拶ですが、一般的な挨拶と同じように招いていただいたことへの感謝をまずは伝えることが重要です。弔事ですので「ありがとうございます」といった言葉を使うのはあまり相応しくはありません。ですので、「お招きいただき、恐れ入ります」「本日はお招きいただきまして、恐縮です」などといった言葉に置き換えた方がいいでしょう。

49日の法要なら、遺族に「このたびはご愁傷様です」というようなことを伝えてもOKです。香典やお供え物を渡す場合にはいきなり御仏前に供えるのではなくて、「心ばかりですが、御仏前にお供えください」といって手渡すのがマナーですので気を付けてください。法要が終わって帰る場合には、「本日はお世話になりました」と伝えるのがいいでしょう。

まとめ

このように、49日の際の挨拶にはさまざまなマナーがあります。遺族側であるのなら、法要に参列してくれた人への感謝の気持ちをしっかりと伝えること、あまり長くならずに簡潔に伝えることが重要です。挨拶状も同じように、感謝の気持ちを込めてマナーを守って書くようにしましょう。参列する側にも挨拶のマナーがありますから、きちんと調べて参列すると安心です。