49日のお供えマナー。価格帯やのし、お寺で行うときの注意点について解説

四十九日の法要は忌明けの日として親族や友人知人も法要に参列し、本格的な法要を行うのが一般的です。
四十九日の法要では、香典の代わりに、あるいは香典とは別にお供えをします。普段接しないだけに、何を準備すればいいのか分からない人は多いでしょう。ここでは四十九日のお供えについて解説しているので、迷った時の参考にしてください。

\ 【2018年7月現在】 当サイトでお申し込みの多い香典返しサービス   /
  • 【1位】おこころざし.com
    圧倒的な商品量!カタログギフトが100種類以上!挨拶状・のし掛け・送料を無料提供
  • 【2位】ソムリエ@ギフト
    オーガニックなものならここが一番!タオルやドレッシングなど自然味豊かなラインナップ
  • 【3位】お返しナビ
    創業1953年の老舗。無料相談受付中

49日の時のお供えに適しているものや価格帯について

お供えを持って行くときは、具体的にどのようなものが適しているのでしょうか。

軽くてかさばらないものを選ぶ

重要なのが、軽くてかさばらない物を選ぶということです。重いものを選んでしまうと当日の持ち運びが難しくなってしまいますし、分けて持って帰るのも大変です。また、あまりに大きなものを持って行くと、お供えするスペースが足りず困ったことになるかもしれません。

分配しやすいものを選ぶ

分配しやすいものを選ぶ、というのも大切です。これは法要のあと参列者同士で分ける時に便利だからです。最初から小分け包装してあるものを選べば、中身を出す必要がありません。

よくあるお供えや価格帯は?

こうした点を踏まえた上でお供えを選びましょう。食べ物であれば、焼き菓子やかまぼこ、つくだ煮と言った日持ちしやすいものを選びましょう。肉や魚といったものは殺生を連想させるためお供えには向きません。お酒を供えることもありますが、お酒は飲まない人もいるので注意が必要です。お花や、線香やろうそくといった消耗品が供えられることもあります。
価格は2,000円~5,000円くらいが一つの目安となります。不安なときは周囲にそれとなく聞いてみましょう。

お供えの時ののしはどのようなものが適しているか

のしはどうすれば…

「熨斗(のし)」も迷うポイントです。そもそものしとは、慶事の贈り物に添える飾りのことをいいます。もともとは、なまものの象徴なので、なまものを供えてはいけない仏前へのお供えにはのしは不要となります。
「熨斗紙(のしがみ)」のことをのしということもあります。熨斗紙とは水引とのしを印刷した紙のことです。実際には水引やのしを付けていなくとも「改まった気持ちでお贈りします」という意味合いになります。のし紙には慶事用弔事用などいろいろな種類があり、印刷されている水引の種類やのしの有無が違います。目的や品の種類によって使い分ける必要があるのです。

弔辞用ののし紙は以下のようになっています。上の写真の様な、のしがついていないことがわかると思います。

結び切りの意味

四十九日のお供えでは、白と黒の結び切りが印刷されたのし紙を使います。結び切りは水引を堅結びにしたもので、一度結んでしまうと解けることがありません。そこから「繰り返さないでほしい」という意味合いが込められているのです。地域によっては黄色と白の水引を使うところもあります。
表書きは「御供」や「粗供養」と書き、下の段に自分の名前を書きます。

お供えのお花はどのようなものがいいか、注意点は何か

四十九日のお供えとして、お花を選ぶ人もいます。
亡くなって間もない法要ですので、四十九日に供えるお花は白が基本となります。ただ真っ白でなければならないという訳ではなく、白に合う薄い青や紫、ピンクや黄色と言った花を組み合わせることも多いです。全体的に薄い色で、優しい印象になるようにまとめられることが多くなっています。具体的には菊や百合、リンドウ、トルコキキョウなどがよく用いられます。

もし故人に特別好きな花があったのであれば、それをお供えするのもいいでしょう。色の濃い薄いに関係なく、それが故人への供養になると考えられているからです。

花をお供えする場合に注意しておきたいポイントがあります。まず供えてはいけない花があるということです。バラなどのトゲがある花は、一般的に仏花に適していないとされているので避けなければなりません。毒のある花や椿のように花ごと落ちるものも、死を連想させるため選ばないようにすることが大切です。
お供えのお花は、小ぶりなものにするか、手入れの簡単なアレンジメントにするのがいいでしょう。花束では花瓶がない場合困ってしまうからです。

法要をお寺で行う時のお供えについて。適しているものや渡し方、注意点について

四十九日の法要をお寺で行うこともあります。自宅での法要とどのような違いがあるのでしょうか。

お寺だからといって特別なルールがあるわけではない

お寺で法要を行う場合、お供えとしてお菓子と果物の盛り合わせを用意するのが一般的です。お菓子で困ったときは、仏事用のものを用意するといいでしょう。お寺での法要であっても、お供えは法要のあとお下がりとして分けることが多いので、やはり日持ちして分配しやすいものが適しています。生菓子などは避けるようにしましょう。お菓子の代わりにお酒やお米、野菜を用意することもあります。

お供えの渡し方

お供えは法要の間に飾る物なので、開始までに間に合うように準備することが大切になります。お供えは直接ご仏前に置くのではなく、施主に手渡しするようにします。入り口などで施主から挨拶があったら、そこで自分も挨拶をして香典と一緒に渡します。「ご仏前にお供えしてください」と一言添えるようにすると良いでしょう。施主以外の人に渡さないようにすることも大事です。
お寺によってはお供えをお寺側が用意するところもあります。当日になって困らないように、事前に確認しておくと安心です。

まとめ

四十九日法要のお供えについて紹介しました。
たとえ故人を偲ぶ気持ちがあっても、遺族や他の参列者の迷惑になってしまっては何にもなりません。お供えに適したものを選び、渡し方にも気を付けることが大切です。
地域によっては独自の慣習があるところもあるので、分からないことがあればそれとなく周りに尋ねることも必要です。