初七日や49日の繰り上げ法要について。

身内が亡くなったばかりの時期は、大切な人を失った悲しみなどで、いろいろと手につかない人もいます。しかしそのような時でも、葬儀や法要など、執り行わなければならないことが続きます。決まりごとが多いので、法要を行うのが初めての人は特に戸惑うことがありますが、そのような場合でもわかりやすいように、49日の繰り上げ法要について紹介します。

\ 【2018年7月現在】 当サイトでお申し込みの多いお坊さん予約サービス   /
  • WEBから簡単に手配・予約ができる!お坊さん便
    全国一律費用が4万5千円です。お布施の費用がわからないといった悩みに答えてくれる便利なサービスです。

繰り上げ法要とは

仏教において、人が亡くなってから次の生を受けるまでの49日間のことを、中陰と呼びます。宗派によって違いますが、中陰の間に死者は、次の生を受けるための修業をしています。残された親族はそれと同じ時期に、通夜、葬儀・告別式、初7日、49日と法要を行います。そして、初7日や49日の法要を繰り上げて、葬儀の当日に行うことを繰り上げ法要と呼びます。
繰り上げる理由は、葬儀・告別式から期間があまり空いていないのに、遠方の人や知人・友人に、法要で再び集まってもらうのは大変だからです。特に初7日は、葬儀・告別式からすぐの時期に行う法要であるため、スケジュールを合わせるのが難しい人もいます。そのため、火葬の前に初7日を行う「繰り込み初7日」や、火葬の後に初7日を繰り上げて行う「繰り上げ初7日」が行われるようになりました。
また、初7日と49日の間にある、27日(ふたなのか)から67日(むなのか)については、僧侶を呼ぶ法要は省略し、参列者も呼ばずに遺族のみで執り行うことが多いです。

49日は繰り上げ法要するのか

49日は、中陰の中でも特に大事な日とされています。「満中陰」と呼ばれ、死者が次に生を受ける場所が決まる日とされています。さらに、残された者にとっては、死者の冥福を祈って喪に服す期間が終わる日となります。また、釈迦が菩提樹の下で瞑想をして悟りを開いた日が、49日の由来とされています。
そして、49日は重要な行事が多い日でもあります。遺骨を墓に収める納骨は、49日に行われるケースが多いです。家に仏壇を設置していない場合は、49日までに仏壇を用意します。そして、49日になったら白木の位牌から、戒名や命日などが記された本位牌に魂を移して、仏壇に安置する開眼供養が行われます。
さらに肝心の49日法要には、親族や知人・友人などが参列し、僧侶が読経をあげます。そして、焼香や法話のあとに会食がされます。
このように、49日は法要のみならず、非常に重要な役割を担っている大事な日になるので、一般的に繰り上げ法要は行われません。タイミングとしては亡くなった日を1日目と数え、49日後に行います。

北海道の場合は

北海道の場合は、初7日だけではなく、49日も繰り上げ法要をするケースが大半です。それは、葬儀・告別式を行って後日、面積の広い北海道で再び親戚が集うのは大変だからです。スケジュールとしては葬儀・告別式の後、出棺・火葬をし、火葬場から戻ってきたらそのまま49日の繰り上げ法要を行います。しかし、この繰り上げ法要は、本来の時期に法要を行うのが難しいために、取りあえず営まれるものです。そのため、満中陰の頃に、親族のみで49日法要を行うパターンが多いです。
また、函館などでは、仮通夜・火葬・本通夜と先に火葬を済ませてしまいます。そして後日、葬儀・告別式、49日の繰り上げ法要を行います。これは、1954年の洞爺湖台風で多くの人が亡くなった時に、遺体の処理や僧侶が間に合わないので、火葬を先に行ったためと言われています。
ちなみに、不祝儀袋の表書きは、通夜・告別式までは「御霊前」とし、繰り上げ法要からは「御仏前」となります。本来であれば、満中陰を境に亡くなった人が霊から仏になるので、御霊前から御仏前に変わります。しかし、北海道では、法要のタイミングで切り替えているようです。

まとめ

葬儀や初7日、49日などの言葉は知っていても、繰り上げ法要という言葉は、耳にしたことが無い人もいるかもしれません。しかし、法要は地域や宗派によって違いが多く、一般的なケースに当てはまらないこともあります。そこで、寺や地元の葬儀社など、地域の慣習をよく知っている人に相談し、その土地のやり方に則って行うことが重要です。