お布施に用いる袋について。書き方や買い方を解説します

お布施は、法事や葬儀の時に僧侶にお礼として渡すお金のことです。お布施を渡す機会ははなかなかないのでマナーや入手方法を確認するのに一苦労してしまいます。弔事の場でマナーを理解していないと、僧侶に対して大変失礼になってしまうこともあります。そこで、お布施を入れる袋の選び方や、袋の書き方など今さら人に聞きづらい事などをまとめました。

\ 【2018年7月現在】 当サイトで人気の遺品整理業者・紹介業者 /
  • 【1位】紹介 【みんなの遺品整理】
    遺品整理はトラブルも多数。遺品整理士認定協会と共同運営の【みんなの遺品整理】で比較しましょう。
  • 【2位】業者 【ライフリセット】
    最短即日対応!年間実績3000件以上!

お布施を入れる袋について

もともとお布施を入れる袋には、中の包み用に半紙を使用し、袋に奉書紙という白い和紙を使用することが正式なマナーとされてきました。まず半紙でお金を包み、それを奉書紙で包みます。上側を折り返した部分に下側を被せるように折ります。奉書紙の折り方にも決まりがあり、今では知らない人が多いようです。現在では白い無地の封筒を使用するのが一般的になっています。普通の郵便で送る封筒のように、郵便番号の枠などが書かれていない真っ白な封筒を使用します。選ぶときの注意点は、二重構造の封筒ではなく一重のものを選ぶことです。二重の封筒は不幸が重なるという意味があり、縁起が悪いものとされています。白い封筒の他にも、文字が印字されたものも販売しているので、お布施と印字されたものを使えば、文字を書くのが苦手な方も簡単に使用できます。関西では白と黄色の水引を使用する地域があったり、関東では白と黒の水引を使用する地域があるので、地域によっての違いもあるようです。

袋の書き方

香典の場合は、深い悲しみの気持ちから薄墨で書きます。しかし、お布施を包むときには僧侶への感謝を表現するので薄墨ではなく、一般的な黒墨で書くと良いでしょう。ボールペンやサインペンは避け、筆ペンや濃い墨の筆を使います。表書きの書き方は、上段にお布施や御布施と書き、そして下段に、喪主や施主の名前、または○○家と書きます。お布施という文字は、もともと書かれているものであれば、書く必要はありません。裏書きは、中央より向かって左側に住所と名前を書きます。まずは住所を書き、その左側に名前を書きます。金額はあくまでお礼の気持ちなので、書かないのが一般的とされています。もし、中袋に金額や住所を書く欄がある場合には記入します。金額は旧字体の漢数字で書くのがマナーです。頭に金と書いてから、一は壱、二は弍、三は参、五は伍、十は拾と書きます。大きな数字や単位もあるので注意が必要です。例えば百は佰、千は阡、万は萬、円は圓と書きます。

袋の入手方法

白い封筒やお布施と書かれた袋は、スーパーやコンビニでも購入することができます。100円ショップでも販売してるところがあるので、とても簡単に入手することができるでしょう。しかし包む金額によって、お布施袋を選ぶ必要があります。大金を包む場合は、仏具店などの立派な不祝儀袋を使用することが常識です。葬儀会社の中には、グループ会社として仏具店を紹介してくれる場合もあるので、困ったことは相談することもできます。奉書紙を使用する場合は市販のものだと、楮紙という樹皮の繊維を原料にした紙が多く、黄色の根や白土を混ぜた厚みのあるものがあります。とても丈夫なので昔から大切なときに使われている紙です。表面と裏面があるので、使用する際は注意が必要かもしれません。文房具店や大型のスーパーなどで購入することができます。通信販売でもたくさんの種類の封筒やお布施袋、奉書紙が販売されているので、包む金額に合わせてたくさんの中から選ぶことができます。

まとめ

袋の選び方や書き方など、マナーがたくさんあって不安になってしまいますが、なかなか機会がない大切な弔事で失礼になってしまわないようにしっかり押さえましょう。細かいマナーや地域ごとの違いもあるので、注意が必要です。住んでいる地域に変わったマナーがないか、確認しておけばいざという時に焦らずに対応できます。